PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
「笑福市」今月で最終に

 市内の東本町2丁目振興会(中村康夫理事長)が16日、旧本町7丁目のえんま通り商店街で「笑福市」を開く。今回で最終とし、来月のえんま市につなぐ。

 笑福市は、えんま通りに笑顔と活気を取り戻し、にぎわいのある商店街にしたいとの願いを込める。中越沖地震から3カ月目の昨年10月を第1回に始まり、これで8回目。多くの協力のもとで、手づくりの「市」を開いてきた。

 当日は午前10時からえんま通り各所で。今回も、寄贈を受けたトレーラーハウスを「町づくりハウス」として位置づけ、イベントを繰り広げる。先着200人に紅白まんじゅうを無料配布するほか、手作り笹(ささ)団子・ちまきの即売でひと足早くえんま市気分。

 併せて、大津加うどんの限定販売、シュークリームの実演販売など。また、中越地震の被災地・長岡市山古志の竹沢集落の有志による幸福市(ふくいち)も出て、山菜、物販の販売を行う。各店ではワゴンセールを行い、ガラポン抽選会。

(2008/ 5/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。