PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
「元気をありがとう」潮風マラソン18日に

 柏崎潮風マラソン(同マラソン実行委員会主催)が18日、26都府県から過去最多の1883人が参加して行われる。中越沖地震の影響で開催が危ぶまれたものの、コース沿線地区の理解のもとで、「集まれランナー!元気をありがとう」を合言葉に復興へのステップとする。“市民ランナー主役”の大会の歴史をつなぎ、5月の風と海、山、人々のぬくもりがランナーを迎える。

 潮風マラソンは1986年に市勤労青少年ホームの開館15周年記念事業として始まった。2001年から柏崎の初夏のイベントとしてリニューアルし、今年は8回目。柏崎ランニング実行委員会、ジョイハウス(同ホーム)でつくる実行委員会(石橋勉委員長)が準備を進めた。

 種目はフル、ハーフ、ファンラン(7.2キロ)、ウオーク(10キロ)、リレー(8区間、20.8キロ)の各部。市内を含む県内をはじめ、東京、埼玉、神奈川、群馬などから参加する。フルに557人、ハーフに534人、ファンランに202人、ウオークに255人、リレーに50チーム・335人。前回大会(1580人)に比べて各種目とも増え、合計で303人多い。

(2008/ 5/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。