PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
中越沖地震の液状化被害調査を報告

 社団法人・地盤工学会による「中越沖地震による液状化被害調査報告会」が3日、刈羽村のラピカで開かれ、研究者が市内山本団地などでの調査結果を報告し、被災者と意見交換も行った。

 中越沖地震発生後、同学会では8大学約100人の調査チームを編成し、山本団地、市内橋場町、刈羽村正明寺など約100件の住宅被害調査、地盤の解析などを実施した。会場には液状化で宅地・住宅に被害を受けた人や専門家など約60人が集まった。

(2008/ 8/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。