PHOTOニュース

市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)

>>過去記事一覧
お盆の入りで墓参り

 13日はお盆の入り。市内各地の墓地には、朝から墓参りの人たちが次々と訪れ、線香の香りが辺りにたちこめた。

 市内堀の柏崎墓園は、これまでに2330区画の貸し付けが行われ、このうち1730基の墓碑が建てられている。昨年の中越沖地震で、墓碑が倒壊・落下、ずれるなどの被害を受けたが、これまでにほとんどが修復された。

 13日は、夏の日が降り注ぎ、セミしぐれが聞こえる中で、朝早くから家族連れなどが花やろうそく、線香などを手に訪れた。墓碑の掃除や草取りをていねいに行い、先祖の霊に手を合わせた。

 同墓園ではお盆期間中の16日までの毎日、午後9時半ごろまで夜間点灯を行う。

(2008/ 8/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。