PHOTOニュース

柏崎市の子育て支援に役立ててほしいと、1千万円の目録を贈る入澤理事 長(左から2人目)=22日、市役所市長応接室 (2024/04/24)


市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)

>>過去記事一覧
柏崎地方に強い雨

 19日の柏崎地方は低気圧と前線の影響で、一時的に強い雨が降った。市内谷根―青海川間の県道が規制雨量に達して全面通行止めになったのをはじめ、JRも運転見合わせが続いた。

 アメダスの観測によると、雨は午前6時ごろから降り始め、9時から10時までの1時間雨量は33.0ミリという強い降りとなった。

 このため、市内の道路の至るところで排水が追いつかずに水たまりが出来た。市下水道課では柳橋町にある雨水ポンプ場を午前6時半過ぎから運転し、11時現在も稼働中。常盤台などに仮設されている内水排水ポンプは運転をするかどうか状況を見守った。

 青海川と谷根を結ぶ県道田屋青海川停車場線、鵜川(阿相島)地内の主要地方道上越安塚柏崎線、野田(払川)地内の主要地方道柿崎小国線小村峠は「1時間雨量30ミリ、連続雨量60ミリ」の事前通行規制値を超えたため、午前10時半から順次、全面通行止め。JR信越線、越後線も午前9時半ごろから運転を見合わせていたが、午後1時までに解除された。

(2008/ 8/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。