PHOTOニュース

佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)


7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)

>>過去記事一覧
小中学生サッカーでアルビ選手とミニゲーム

 サトウSS杯柏崎刈羽小・中学生サッカー大会(サトウSSグループ主催)が13日までの3日間、佐藤池サッカー場で開かれた。12日にはサッカーJ1・アルビレックス新潟の19選手が震災復興の激励に訪れ、小中学生約400人とミニゲームや記念撮影を行った。

 アルビレックス新潟の中野洋司選手は「柏崎に来てみんなとサッカーをしたいと思っていた。今日はいっしょに楽しみたい」とあいさつ。田中亜土夢選手らがリフティングを披露した後、4コートに分かれ、ミニゲームを行った。エクセル枇杷島の田辺嘉大主将(6年)は「ミニゲームは楽しかった。アルビの選手の動きがすごかった。J1優勝目指して頑張ってほしい」と話した。

(2008/10/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。