PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
刈羽桃が飲料デビュー

 刈羽村の正明寺園芸組合(桑原正利組合長、組合員16人)は2日、特産の砂丘桃から作った桃ジュースを同村ラピカで開かれた農協まつりで試験販売した。地元ブランドの桃を丸ごと搾ったぜいたく風味で、評判は上々だった。

 傷みやすい桃の活用を図る2次加工例はこれまでワイン、地元銘菓、柏崎総合高のジャム、ジュースがあった。同組合が初めて手掛ける飲料加工は柏崎の新道柿栽培組合の視察、意見交換から、県柏崎地域振興局の勧めで取り組んだ。

 生産農家の十数人が完熟させて取った桃の皮をむき、種を除いた果肉約100キロを提供。津南町の業者がジュースにし、JA柏崎刈羽基幹支店がラベルを作った。200ミリリットル瓶約400本を作り、一部を300円で試験販売したところ、約1時間で売り切れた。残りは来春の桃の花見フェスティバルで販売する。

 地元で栽培実績が長く、人気の品種。試験販売では「おいしい」「絶品」などの声が寄せられた。

(2008/11/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。