PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
旧柏崎陣屋の保存顕彰会が発足

 旧柏崎陣屋と、桑名藩士の長屋(市内大久保2)の保存を目指す「柏崎陣屋保存顕彰会」の創立総会が14日、ソフィアセンターで開かれた。席上、会長に設立発起人代表だった西川勉さんを選任し、柏崎の貴重な文化遺産として市民活動をスタートさせた。

 同顕彰会は、近世柏崎市の政治の中心地だった旧柏崎陣屋跡、桑名藩士長屋の現存する2軒の長屋の保存と柏崎陣屋の顕彰を行政に働きかけることが目的。合わせて、市民の間で忘れかけられている柏崎陣屋の存在、意義を認識してもらうための市民活動を行う。

 具体的な事業では、柏崎陣屋の歴史と意義の勉強会、柏崎陣屋の保存と顕彰のための行政との検討会、桑名市との交流などを掲げる。このうち、2011年3月末までの第1期は勉強会のほか、各地に残る陣屋の今様の活用の研究、有形文化財登録の検討などを予定する。

 総会では西川会長が「柏崎陣屋が市民から忘れ去られつつある。柏崎の近世の政治、文化の中心地であったことを市民から見直してもらいたい」と述べた。来賓の東山、三富両県議も「子どもたちに柏崎の歴史、文化を教えていかなければならない」などと保存・継承を求めた。

(2008/12/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。