PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
雇用悪化で緊急就職面接会に希望の180人参加

 雇用情勢の悪化を受け、柏崎職安管内雇用促進協議会(会長・会田市長)などは27日、緊急就職面接会を産文会館で開いた。雇い止めとなった派遣社員、契約社員ら約180人、事業所は32社・団体が参加。離職者の多くが希望する製造業の受け皿は少なく、求人側とのニーズの差が浮き彫りになった。

 米国の金融危機に端を発した世界的な不況で、管内でも製造業を中心に受注減による解雇、契約打ち切りなどが起きている。面接会で会田市長は「雇用危機が現実になった。1人でも多く新しい職場が見つかるといい。今後の雇用対策は時機を失しないようにしたい」と述べた。

(2009/ 1/28)