PHOTOニュース

柏崎県関係などの貴重な資料を収集した高橋克英さん。後ろは、収集のきっかけになった「越後府」から交付された軸=市内半田1の自宅 (2018/04/23)


協定書に調印した桜井市長とセブン―イレブンの坂口マネジャー(右から3人目)ら=20日、市役所市長応接室 (2018/04/21)


春風に舞い、大池を泳ぐこいのぼり=19日、夢の森公園 (2018/04/20)

>>過去記事一覧
イチゴ色づき収穫の季節

 県推奨イチゴ「越後姫」が赤く色づき始めた。30日には市内の生産者や農協など関係者が集まって出荷に向けた品質の打ち合わせ会も開催。2月の声とともに収穫が一斉にスタートする。

 今シーズン、市内では3軒、刈羽村で2軒の生産者がイチゴ栽培に取り組んでいる。そのうち、市内岩上の飛田農場(フライングファーム・飛田明夫さん経営)は3シーズン目の栽培だ。

(2009/ 1/31)