PHOTOニュース

柏崎音楽協会設立20周年記念の演奏会に向けた合唱団とオーケストラの合同練習=18日、市民プラザ (2018/02/21)


刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)

>>過去記事一覧
市が豪雪対策本部を設置し警戒強化

 16日の市内は時折、晴れ間がのぞき、前日までの大雪が一服した天候となった。除排雪に精を出す姿があちこちで見られ、中央海岸の雪捨て場には雪を満載したトラックが次々と訪れた。こうした中で、警戒態勢を取ってきた市は15日夕方、会田市長を本部長とする豪雪対策本部を設置。市民の安全安心に一層の万全を期した。

 市の豪雪対策本部の設置は2006年1月以来。今回の対策本部は、市内9カ所の観測地点のうち、鵜川地区で積雪が300センチを超え、さらに9カ所の平均積雪が160センチを超えたため、設置された。この豪雪で市道と学校など公共施設分の除雪経費として合わせて1億550万円を専決処分とした。

(2010/ 1/16)