PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市が豪雪対策本部を設置し警戒強化

 16日の市内は時折、晴れ間がのぞき、前日までの大雪が一服した天候となった。除排雪に精を出す姿があちこちで見られ、中央海岸の雪捨て場には雪を満載したトラックが次々と訪れた。こうした中で、警戒態勢を取ってきた市は15日夕方、会田市長を本部長とする豪雪対策本部を設置。市民の安全安心に一層の万全を期した。

 市の豪雪対策本部の設置は2006年1月以来。今回の対策本部は、市内9カ所の観測地点のうち、鵜川地区で積雪が300センチを超え、さらに9カ所の平均積雪が160センチを超えたため、設置された。この豪雪で市道と学校など公共施設分の除雪経費として合わせて1億550万円を専決処分とした。

(2010/ 1/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。