PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
市が豪雪対策本部を設置し警戒強化

 16日の市内は時折、晴れ間がのぞき、前日までの大雪が一服した天候となった。除排雪に精を出す姿があちこちで見られ、中央海岸の雪捨て場には雪を満載したトラックが次々と訪れた。こうした中で、警戒態勢を取ってきた市は15日夕方、会田市長を本部長とする豪雪対策本部を設置。市民の安全安心に一層の万全を期した。

 市の豪雪対策本部の設置は2006年1月以来。今回の対策本部は、市内9カ所の観測地点のうち、鵜川地区で積雪が300センチを超え、さらに9カ所の平均積雪が160センチを超えたため、設置された。この豪雪で市道と学校など公共施設分の除雪経費として合わせて1億550万円を専決処分とした。

(2010/ 1/16)