PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
高柳で雪崩防止の「雪堤」設置

 雪崩被害は雪で防止する――。県柏崎地域振興局地域整備部は今冬、市内高柳町地内の4カ所に「雪堤(せつてい)」を造り、雪崩から道路を守っている。

 雪崩が発生しやすい斜面の下の雪を掘り、その雪を道路との間に積み上げて堤防を造る。斜面を落ちた雪は掘ったポケットの中にたまり、雪の壁で道路には押し出さない。道路を走っている車からはほとんど気がつかないが、雪の壁の反対側にある仕掛けが「雪堤」だ。

 使う物は現地にある雪と重機だけ。地形、現地の雪の量など設置できる条件は限られるが、早く、安く対応でき、効果も高いとされる。県内では魚沼、上越地方で以前から採用され、柏崎管内では2006年の大雪の際に初めて造られた。

(2010/ 1/27)