PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
高柳で雪崩防止の「雪堤」設置

 雪崩被害は雪で防止する――。県柏崎地域振興局地域整備部は今冬、市内高柳町地内の4カ所に「雪堤(せつてい)」を造り、雪崩から道路を守っている。

 雪崩が発生しやすい斜面の下の雪を掘り、その雪を道路との間に積み上げて堤防を造る。斜面を落ちた雪は掘ったポケットの中にたまり、雪の壁で道路には押し出さない。道路を走っている車からはほとんど気がつかないが、雪の壁の反対側にある仕掛けが「雪堤」だ。

 使う物は現地にある雪と重機だけ。地形、現地の雪の量など設置できる条件は限られるが、早く、安く対応でき、効果も高いとされる。県内では魚沼、上越地方で以前から採用され、柏崎管内では2006年の大雪の際に初めて造られた。

(2010/ 1/27)