PHOTOニュース

病院祭で実施されたドクターヘリによる患者搬送訓練。大勢の関心を集めた=14日、医療センター駐車場 (2017/10/17)


一般販売開始に先立ち、予約者に引き渡された県の水稲新品種「新之助」=14日、市内田中の愛菜館 (2017/10/16)


赤坂山公園の芝生広場で行われている桜の植樹。入り口に近い場所にサークルベンチを置き、その中に高さ4.5メートルのソメイヨシノをシンボルツリーとして植えた (2017/10/14)

>>過去記事一覧
どんぶり選手権で鯛茶漬けが準グランプリ

 柏崎地域観光復興推進協議会(内藤信寛会長)は、15日まで東京ドームで開かれた「ふるさと祭り東京・全国ご当地どんぶり選手権」で見事準グランプリを獲得した。同協議会は昨年と同じく「鯛(たい)茶漬け」で出場。全国の強豪16チームと激しい競争を繰り広げた結果、前回の第3位より順位を上げ、2位となった。開催中の9日間に提供した鯛茶漬けは1万700食。特に、最終日前日の14日には過去最高の1727食を記録した。第1位は前回と同様の「うにめし丼」(北海道)。3位は初出場の「やまゆり牛ステーキ丼」(神奈川県)が入った。東京ドーム総入場者数は前回とほぼ同じ38万人だった。 

(2012/ 1/16)