PHOTOニュース

くす玉を割って、支持者と一緒に当選を喜ぶ鷲尾英一郎さん(左から3人目)=22日午後10時前、燕市秋葉町 (2017/10/23)


シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)

>>過去記事一覧
店舗施設・まちの駅「えんま」着工へ

 中越沖地震で多くの店舗などが被災したえんま通り商店街(旧本町7丁目)で6日、合同会社まちづくりえんま(長谷川敏栄・代表社員)が建設する店舗施設「まちの駅『えんま』」の安全祈願祭が同商店街のシンボル・閻魔(えんま)堂で行われた。閻魔堂脇の空き地を利用し、テナントが入られる店舗の整備を行うもので、新たなまちづくりの一歩へと期待をかけた。

(2013/ 1/ 8)