PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
店舗施設・まちの駅「えんま」着工へ

 中越沖地震で多くの店舗などが被災したえんま通り商店街(旧本町7丁目)で6日、合同会社まちづくりえんま(長谷川敏栄・代表社員)が建設する店舗施設「まちの駅『えんま』」の安全祈願祭が同商店街のシンボル・閻魔(えんま)堂で行われた。閻魔堂脇の空き地を利用し、テナントが入られる店舗の整備を行うもので、新たなまちづくりの一歩へと期待をかけた。

(2013/ 1/ 8)