PHOTOニュース

一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)


花角知事と面会し、三つの検証の見直しなどを求めた桜井市長(右)=14日午後、県庁 (2018/06/15)

>>過去記事一覧
鯛茶漬け2連覇目指し出場へ

 柏崎地域観光復興推進協議会(内藤信寛会長)は10日から19日までの10日間、東京ドームで繰り広げられる「ふるさと祭り東京・第5回全国ご当地どんぶり選手権」に鯛(たい)茶漬けで出場、昨年に続くグランプリを狙う。2連覇を達成すると、販売はするが選手権には参加しない権利の「殿堂入り」を果たし、「殿丼」の尊称が与えられる。これまでには北海道の「うにいくら丼」が達成している。

(2014/ 1/ 8)