PHOTOニュース

朗読と演奏、スライドショーなどで楽しんだ「ライブラリー・ライブ」=10日、ソフィアセンター (2017/12/11)


つきあがった餅を臼から取り出し、平らにのばす水品社長=市内中田、光月堂 (2017/12/09)


DMATに期待を託して行われた救急車の譲渡式=市内北半田2、柏崎総合医療センター駐車場 (2017/12/08)

>>過去記事一覧
鯛茶漬け2連覇目指し出場へ

 柏崎地域観光復興推進協議会(内藤信寛会長)は10日から19日までの10日間、東京ドームで繰り広げられる「ふるさと祭り東京・第5回全国ご当地どんぶり選手権」に鯛(たい)茶漬けで出場、昨年に続くグランプリを狙う。2連覇を達成すると、販売はするが選手権には参加しない権利の「殿堂入り」を果たし、「殿丼」の尊称が与えられる。これまでには北海道の「うにいくら丼」が達成している。

(2014/ 1/ 8)