PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
「鯛茶漬け」2連覇まであと一押し

 東京ドームを会場にしたふるさと祭り東京・第5回全国ご当地どんぶり選手権(10〜19日)に「鯛(たい)茶漬け」で出場している柏崎地域観光復興推進協議会(内藤信寛会長)は会期の中日を迎えた14日現在、念願の2連覇に向け、堅調な販売実績を積み重ねている。最後の山場は今週の土・日曜日。内藤会長は18日、都内で行われる新潟県人会新年会で最後の一押しの応援を呼び掛ける。結果発表は最終日の19日午後3時。

(2014/ 1/15)