PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
原発立地議会サミットで国の安全担保求める

 第9回全国原子力発電所立地議会サミット(同立地市町村議会議長会主催)が18、19日、東京都内で開かれた。5分科会での議論を踏まえたサミット宣言として、国が責任を明確にし原発の安全を担保することなどを挙げ、エネルギー政策に理解が深まるようこれまで以上に国が前面に立って国民に働き掛けてほしいと求めた。今回のサミットは「エネルギー政策と原子力発電〜フクシマ復興の諸課題と立地自治体の振興〜」をテーマに、東京電力柏崎刈羽原発の地元柏崎市・刈羽村をはじめ立地議長会加盟23市町村議会の議員と電力会社などの関係者約460人が参加した。

(2014/11/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。