PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
原子力規制委が初めて、柏崎原発の設備の現地調査

 原子力規制委員会は12日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の新規制基準適合性審査の一環として、設備に関する現地調査を朝から開始した。夕方まで調査し、重大事故に対処する設備の配備状況や設置場所、操作性などを確認する。東電が昨年9月に適合性審査を規制委に申請して以来、断層については2回の現地調査が行われたが、設備では初めてだ。

(2014/12/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。