PHOTOニュース

朗読と演奏、スライドショーなどで楽しんだ「ライブラリー・ライブ」=10日、ソフィアセンター (2017/12/11)


つきあがった餅を臼から取り出し、平らにのばす水品社長=市内中田、光月堂 (2017/12/09)


DMATに期待を託して行われた救急車の譲渡式=市内北半田2、柏崎総合医療センター駐車場 (2017/12/08)

>>過去記事一覧
東電社長が市村来訪し、地元理解活動推進を強調

 東京電力の広瀬直己社長が6日午前、年始のあいさつで柏崎市と刈羽村を訪問し、会田市長、品田村長と面談した。広瀬社長は、原子力規制委員会による柏崎刈羽原発6、7号機の新規制基準適合性審査の状況や、同原発での安全対策について、地元住民などの理解を得るための活動を推進していくことを強調した。再稼働に対する直接の言及はなかった。午後には泉田知事を訪ねる。

(2015/ 1/ 6)