PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
東電社長が市村来訪し、地元理解活動推進を強調

 東京電力の広瀬直己社長が6日午前、年始のあいさつで柏崎市と刈羽村を訪問し、会田市長、品田村長と面談した。広瀬社長は、原子力規制委員会による柏崎刈羽原発6、7号機の新規制基準適合性審査の状況や、同原発での安全対策について、地元住民などの理解を得るための活動を推進していくことを強調した。再稼働に対する直接の言及はなかった。午後には泉田知事を訪ねる。

(2015/ 1/ 6)