PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
泉田知事、東電社長に福島事故究明を求める

 年始のあいさつで来県した東京電力の広瀬直己社長は6日、午前中の柏崎市・刈羽村に続いて、午後は県庁を訪れ、泉田知事と面談した。広瀬社長は原子力規制委員会による柏崎刈羽原発6、7号機の新規制基準適合性審査の状況を報告し、理解活動を行っていくと述べたが、知事は「安全性を確かめるスタートラインに着けない」として、福島第一原発事故を検証するため、社長命令で東電関係者の政府事故調査・検証委員会の調書を公開するよう求めた。

(2015/ 1/ 7)