PHOTOニュース

シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)


21日から本格オープンするベーグルとクロワッサンの店「びわじまベーカリー」。右は飯塚社長=市内穂波町 (2017/10/18)

>>過去記事一覧
市内の新入学児童生徒見込み数は1447人

 市教育委員会は、市内の小・中学校に今春新しく入学する児童・生徒の見込み数をこのほどまとめた。小・中学校合わせて1447人となり、前年同期に比べて6人多かった。ただ、全学年の合計では前年よりも130人以上の減で、近年の少子化傾向に拍車をかけた。新入学児童生徒は入学式までの間、各校で人数の変動が予想される上、中学校の場合は、県立柏崎翔洋中等教育学校との関係などがあり、実際の入学者数は今の段階で流動的な状況だ。

(2015/ 1/21)