PHOTOニュース

柏崎市の子育て支援に役立ててほしいと、1千万円の目録を贈る入澤理事 長(左から2人目)=22日、市役所市長応接室 (2024/04/24)


市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)

>>過去記事一覧
谷根川でサケ捕獲始まる

 市内青海川地内を流れる谷根川に今年もサケの姿が見られるようになった。シーズン当初にしては大型のサケが多く、市さけます増殖事業協会(深井和一会長)では「今シーズンも、たくさんのサケが帰ってきてほしい」と期待する。

 谷根川では昨シーズン、7年ぶりに1万匹の大台を超える1万2792匹を捕獲。279万2300粒を採卵・授精させ、今春には176万1千匹の稚魚を放流した。サケの多くは4年後にふるさとの川に帰ってくる。「昨シーズンは3年魚が多く戻ってきた。稚魚が海で順調に育っている証拠で、今年はたくさん帰ってきてくれるはず。雨が降って川の水量が増せばサケも海から入りやすくなる」と協会では話す。

(2015/10/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。