PHOTOニュース

柏崎県関係などの貴重な資料を収集した高橋克英さん。後ろは、収集のきっかけになった「越後府」から交付された軸=市内半田1の自宅 (2018/04/23)


協定書に調印した桜井市長とセブン―イレブンの坂口マネジャー(右から3人目)ら=20日、市役所市長応接室 (2018/04/21)


春風に舞い、大池を泳ぐこいのぼり=19日、夢の森公園 (2018/04/20)

>>過去記事一覧
広瀬社長と面談で知事、改めて東電批判

 東京電力の広瀬直己社長が5日、年始のあいさつで県庁を訪れ、泉田知事と会った。知事は福島第一原発事故をめぐる東電の対応を改めて批判し、約20分間の面談はそのやり取りに終始した。柏崎刈羽原発は、原子力規制委員会による6、7号機の新規制基準適合性審査が大詰めを迎えているとされるが、知事は福島事故の検証と総括がなければ再稼働問題は議論しないとの姿勢を一貫して示しており、面談でも再稼働については話題に上らなかった。

(2016/ 1/ 6)