PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
内閣府が知事に避難計画支援を説明

 内閣府で原子力防災を担当する平井興宣政策統括官が17日、県庁で泉田知事と面談し、東京電力柏崎刈羽原発の重大事故に備えた避難計画の実効性を高めるための支援方針を説明した。具体的には、実働部隊の編成、民間事業者の協力、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の活用などを検討していくとした。

 政府は11日の原子力関係閣僚会議で「原子力災害対策充実に向けた考え方」を決定しており、これを受けて内閣府などが本県を訪問した。

(2016/ 3/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。