PHOTOニュース

水素エンジン車の開発を行うリケンNPRの水素ステーション建設予定地 =市内柳田町 (2024/06/22)


ねんりんピック全国大会に12年ぶりの出場を決めたブル刈羽 (2024/06/21)


豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)

>>過去記事一覧
障がい者就労拡大目指し「拓く会」がシンポ

 「障がい者の就労を拓(ひら)くシンポジウム―人に優しい職場を考える8人の挑戦者―」が28日、市民プラザで開かれた。障がい者の就労を拓く会(実行委員長=西川紀子・社会福祉法人ロングラン理事長)が主催し、昨年に続く。事業所の事例、制度紹介に続いて行われたトークセッションでは8人が熱く語り、「中小企業の人材不足の中で障がい者雇用は一つの選択肢。もっともっと広げていくべき」などと強く訴えた。会場には企業や福祉関係団体、特別支援学校の生徒や家族、教職員ら約220人が集まり、熱心に聞き入った。

(2016/ 7/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。