PHOTOニュース

柏崎市の子育て支援に役立ててほしいと、1千万円の目録を贈る入澤理事 長(左から2人目)=22日、市役所市長応接室 (2024/04/24)


市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽の黄金色の田んぼで待望の稲刈り

 早期栽培越路早生(わせ)の刈り取り作業が16日、柏崎刈羽で始まった。柏崎農協が県内で一番早い新米出荷を目指す。春からの好天に恵まれ、作業を見守る農協や市、県柏崎地域振興局は品質と収量に期待を高めた。初検査は22日の予定で、来週末には県内外の店頭に新米が並ぶ。この日刈り取られた新米の一部は市内新橋、原酒造の新酒「初搾り 本醸造」にも使われる。

(2016/ 8/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。