PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽の広域で、30日からまなびピア開幕
式が30日、市民会館大ホールで行われ、3日間にわたる生涯学習の祭典の開幕を告げる。当日のパネルディスカッション、スポーツライター・増田明美さんの記念講演をはじめとして、会期中、柏崎刈羽の広域圏で多彩な内容で繰り広げていく。

 フェスティバルは「ひろげようまなびの話(わ)・和(わ)・輪(わ)」をテーマに、生涯学習気運の醸成を目指し、啓発や実践発表の場にする。今月16日からを生涯学習月間とし、期間中に協賛を含めて64の事業を計画。特に、30日から3日間を中心に、柏刈の各地で子どもからお年寄りまで幅広い年齢層を対象にした事業を行う。 初日の30日は午後1時半から開会式。続いて斎藤勉・新潟大教授ら五人のパネリストによるパネル討論「明日の生涯学習社会を拓く−学校支援ボランティアの視点から−」。その後、マラソン選手として活躍し、走る楽しさを伝える増田明美さんの記念講演「スポーツ心弾ませて」に移る。途中、2時から1時間、市陸上競技場で増田さんと一緒に走る企画も予定される。

 続いて、31日と11月1日にかけ、別掲のように各地で多彩なイベントが続々。メーン会場の市総合体育館では31日午前10時からオープニングセレモニーに次いで、企業・実行委員会から合わせて39ブースが出展する生涯学習見本市はじめ、24団体が出演するマナビィステージなど。

 サブ会場の高柳・県立こども自然王国では親子で楽しめる冒険まるかじりなどネイチャーラリーを繰り広げる。同実行委員会では「すてきな景品を差し上げるスタンプラリーもあり、とにかく気軽に見て、楽しんで」と各会場ともたくさんの来場を歓迎している。

(1998/10/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。