PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
西山でハクチョウ150羽が越年

 ハクチョウの名所で知られる西山町長嶺の大池で今冬、約150羽が新年を迎えた。地元有志らでつくる白鳥保護愛好会は先月から発行した「白鳥だより」で、えさの協力業者をハクチョウの「足長おじさん」として紹介し、町でもインターネットでハクチョウ情報を発信している。

 昭和53年晩秋の初飛来以来、21年になる大池では13日現在、オオハクチョウ約150羽が越冬中だ。朝飛び立ち、夕方戻ってくるコハクチョウ約50羽を合わせると200羽以上。このほか、カルガモ、マガモなどもいる。ハクチョウの幼鳥の中には手渡しでエサを食べるものもおり、家族連れなどが見物に訪れている。

 近年では、稲の刈り取り、脱穀の大型機械化もあって、えさとなるくず米が不足気味だ。このため、地元では周辺地域のパン業者の協力を得ている。白鳥だよりでは、食パンを提供している柏崎、長岡の各4店を「足長おじさん」として紹介し、ハクチョウに代わって感謝している。

 白鳥だよりは町役場、西山ふるさと館などで配布中。問い合わせは事務局の町産業観光課(電話47-4010)へ。また、インターネットのアドレスはhttp://www.town.nishiyama.niigata.jp/

(1999/ 1/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。