PHOTOニュース

原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)


演劇フェスで熱演する劇団フー。客席に芝居の楽しさを届けた=29日、産 文会館文化ホール (2023/01/30)


今季の営業を開始したガルルのスキー場。初滑りを楽しむ市民=27日、市 内高柳町岡野町 (2023/01/28)

>>過去記事一覧
アクアパークシンボルマーク 700点応募

 開館5周年を迎えた柏崎アクアパークのシンボルマーク募集は、15日の締め切りまでに全国から約700点が寄せられた。27日には、市総合体育館で第1回選定委員会が開かれ、2次審査の14点が選ばれた。

 選定委は、相沢教育長を委員長に、市体育施設管理公社の植木柾雄理事長ら公社の役員3人と職員5人で構成されている。

 応募は小学生から70歳代のお年寄りまで。公募誌に掲載されたこともあって県外が6割を占め、市内は3割、その他の県内は1割ほどだった。中にはすべて違った作品85点を送った市外の応募者もいた。

 この日は応募作品が会議室の床にずらりと並べられ、「水に集い、水に親しみ、水に憩う」というアクアパークのコンセプトに基づき、審査を行った。

 作品はアクアパークのイニシャルを形どったもの、水をイメージしたもの、泳いでいる人をデザインしたものなど様々。個性あふれる多くの作品を前に、委員たちも審査が難しい様子だった。同館の戸沢高雄館長は「素晴らしい作品ばかり。レベルが非常に高い。これだけの作品が集まるとは思わなかった」と話していた。

 今回は14点を選び、2月中旬の第2回選定委員会でさらに絞り込む。最終的には3月上旬に最優秀賞1点、優秀賞5点を選び、最優秀賞の作品はアクアパークのシンボルマークとして、旗や看板、封筒の印刷物などに使用する。

(1999/ 1/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。