PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
昨年の柏崎署管内 拾われた現金731万円

 柏崎署に昨年1年間に寄せられた遺失物の届け出は1,321件(前年比25件、1.9%増)、拾得物の届け出は1,285件(同34件、2.6%減)だった。拾われた現金は約731万3,000円。72%に当たる約525万3,000円が落とし主の元に返った。

 遺失物の内訳は、現金が1,554万2,350円、品物が4,130点。一方、拾得物は731万3,128円の現金のほか、品物が5,281点だ。

 拾得物のうち、落とし主に返還されたのは605件で、現金が525万2,972円、品物は2,762点。半年間に落とし主が現れず、拾った人に交付された件数は204件。この内訳は、現金が149万4,689円、品物が716件だ。拾い主が権利を放棄した件数は588件で、現金61万4,080円、品物1,422件が県の帰属となった。

 現金以外の拾得物で多いのは財布(小銭入れ)、自転車、携帯電話・ポケットベルなど。昨年は、財布や携帯電話、身の回り品を入れたバッグをそっくり置き忘れたまま車に乗って発進してしまったという事例が目立ったという。また変わった落とし物では、大量のちり紙やソバの種、また引っ越し荷物をそっくり落としたという例もあった。

 善意の人が20万円以上の現金を届け出て落とし主に無事戻ったケースもあり、柏崎署では「落とし物はあきらめずに問い合わせを」と話している。

(1999/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。