PHOTOニュース

若手社員と学生が地元就職について意見を交わした交流会=16日、柏崎商 工会議所 (2024/02/19)


「月ほたる運動」で取り組んだ「メリーゴーランド」と北鯖石小の1年生 =同校 (2024/02/17)


16日に初営業から100年を迎えた柏崎信用金庫=市内東本町1 (2024/02/16)

>>過去記事一覧
西山町で古式豊かに「お弓始」

 西山町二田の二田物部神社(三嶋千頴宮司)で7日、伝統のお弓始(ゆみはじめ)が行われ、町民、氏子関係者ら約40人が今年1年の平安を願い、弓を引いた。

 この行事は、大和朝廷からつかわされた弥彦、二田の神が越の国の邪悪を鎮め、農耕、漁法などを教え伝えたという故事にならい、江戸時代から200年以上続いている。まず、三嶋宮司が無病息災、家内安全、豊作などを祈って神事を行い、本殿から約20メートル離れた境内の的に向かって2本の矢を放った。

 この後、参拝者らは順番に弓をかまえ、それぞれの願いを込めて4本ずつ矢を放った。的に当たるたびに、見守る人から拍手とどよめきが上がり、和やかな空気に包まれた。このうち、同町出身の大学2年生・佐野麻希子さん(20)は弓道部員。史学レポート作成のため帰省中で、家族とともに初参加した。数カ月弓を引いていないというものの、2本が見事に的中し、大きな拍手を浴びてニッコリ顔だった。

(1999/ 2/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。