PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
県議選トップ当選西川氏「景気対策を」

 市内駅前2の西川勉氏の選挙事務所には夕方から続々と支持者が詰めかけ、建物内の2・3階、屋外の特設テントにはたくさんの人。西川氏は、午後7時半過ぎにはハマ夫人とともに事務所に現れ、本部である2階中央に神妙な面持ちで座った。途中、桜井新代議士の激励訪問を受け、市選管の発表を待った。

 10時過ぎ、三候補とも横並びの第一報。西川市長も駆け付ける中で10時半過ぎ、開票情報を受けた鈴木健三・選対本部長が「4期目の西川県議が誕生した」と宣言。集まった支持者から大きな拍手が沸き起こり、興奮のうずに変わった。

 祝福の言葉を浴び、西川氏は「厳しい選挙戦を経て、皆さんの温かい支援のおかげで四度(たび)議席を得させてもらうことができた。今後とも、てきぱきと課題をこなし、皆さんの期待にこたえていきたい」と感謝の言葉。県議会議長で参院議員も務めた父・故弥平治氏の大きな写真が飾られた会場では、だるまの目入れ、鏡割りなどのセレモニーが続き、連続トップ当選の祝勝ムードは最高潮――。

 支持者から次々と握手攻めになりながら、西川氏は「地元の基幹産業である製造業界の不況対応が、住民の豊かな生活の基盤と考える」と述べ、「このためにも、景気対策と、心の時代を築くということを最大の政治信条として、これまで強く訴えてきた。公約に掲げている経済対策、人づくり、福祉などに全力を尽くしたい」とひと言、ひと言に力を込めた。

(1999/ 4/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。