PHOTOニュース

ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)


春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)

>>過去記事一覧
緑化美化担い手に 植物友の会総会

 柏崎植物友の会(石黒道夫会長、会員数約千人)の総会が18日、産文会館研修室で開かれ、新年度の事業計画などを決めた。

 会では石黒会長が「自然を相手にする運動は長く継続して努力することが大切だ」と語り、「緑化美化の担い手として、会員同士が協力して仲間づくりを行うとともに、英知を結集して21世紀にふさわしい会でありたい」として、一層の協力を求めた。

 来賓を代表して高橋市議会議長が「今は桜の花だけでなく、ありとあらゆる花が一緒に咲き、まさに百花繚(りょう)乱。自然の天地の恵みを感じている。感性豊かな柏崎のため、植物友の会が果たす役割が大きい」と述べた。

 引き続いて議事に移り、今年の計画に、みなとまち海浜公園や水源地周辺、番神夕日の森公園などの植栽、整備作業を決めた。併せて、10月には秋の山野草展を開くほか、会報発行などを継続して進めたいとした。席上、淡いピンクのかれんな花を咲かせたアッツザクラの鉢物が出席者にプレゼントされ、同会ならではの雰囲気に満ちていた。

(1999/ 4/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。