PHOTOニュース

春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)


見頃を迎えた里山のハナモモの花=15日午前、市内谷根 (2024/04/15)


青空の下、満開のソメイヨシノを楽しむ市民ら=13日午前、赤坂山公園 (2024/04/13)

>>過去記事一覧
8号バイパス 本格工事に今年着手

 柏崎港に27日、高さ90メートル近い巨大なクレーン船が入港し、同港で製造していた直江津港防波堤用ケーソン(コンクリート製の箱)などの運び出し作業を始めた。運搬する数は32個。7月上旬まで順次行われる。

 直江津港では現在、東側の海を埋め立てて火力発電所と新しいふ頭を建設する計画が進められており、その最初の埋め立てに使うケーソンと円筒形コンクリート基礎を昨年暮れから柏崎港で製造していた。

 ケーソンは、長さ17メートル、幅13メートル、高さ13.5メートルのものが28個、長さ23.9メートル、幅8.9メートル、高さ15.5メートルのものが2個。またコンクリート基礎は直径21.9メートル、高さ8メートルが2個だ。いずれも重さが約1,600トン前後。高さは4階から3階建てのビルに相当し、32個が並んだ光景はアパートが建ち並んだようだった。

 柏崎に入港したクレーン船は石川県七尾港からで、3,000トンの物をつり上げることが出来る。船体の長さ95.4メートル、幅41メートル、クレーンの高さは88メートル。大きなケーソンがマッチ箱のように見え、その姿は中央通りからも眺められるほどのジャンボサイズだ。

 これから7月上旬をめどにケーソンを1つひとつ海に下ろして浮かべていく。ケーソンは船に引っ張られて直江津港に運ばれ、砂を入れて所定の位置に沈めて設置されるという。

(1999/ 5/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。