PHOTOニュース

トップライトがふさがれ、LED照明に入れ替えたアリーナ=ラピカ (2024/05/30)


桜井市長に環境大臣表彰の受賞を報告した植物友の会の阿部会長(右から 3人目)ら=市役所市長応接室 (2024/05/29)


第10回市民のための柏崎文化祭ステージ部門で柏崎フィルの伴奏付きで初 めて披露された柏崎讃歌「柏崎の思い出」 (2024/05/28)

>>過去記事一覧
柏崎の65歳以上21.4% 国県平均上回る

 15日は「敬老の日」。市がまとめた平成11年度の老人現況調査の概要によると、市内の65歳以上の人口は1万8738人で、市の総人口に対する高齢化率は21.4%を占めた。今年3月31日現在の住民基本台帳をもとにしたもので、国・県平均の高齢化率を上回り、超高齢社会の足取りを一段と進めた。

 調査はいわば、柏崎版の高齢者白書。高齢化の現状として老年人口や要援護老人、高齢者世帯の状況などをまとめた。これによると、65歳以上人口の内訳は男性が7630人、女性が1万1808人。前年同期に比べ、男性が178人、女性が259人の合わせて437人増えた。構成比では男性が40.7%、女性が59.3%。高年齢になるにつれて、女性の占める割合が増え、女性の長生き傾向を数字で裏づけた。

 一方、住民基本台帳による市の総人口に対して、65歳以上の高齢化率は、前年同期よりも0.6ポイントの伸び。同じ調査による国平均の16.5%に比べ、4.9ポイント、県平均の20.5%に比べ、0.9ポイントそれぞれ上回っている。

 65歳以上で援護が必要な人は前年に比べて406人増の2503人で、65歳以上人口の13.4%をしめた。この中で「虚弱老人」が54.3%と半数を超え、「寝たきり」が23.6%、「凖寝たきり」が12.0%などの順。 要援護老人のうち、寝たきりは817人で、このうち53.2%が在宅で何らかの介護を受けている。特別養護老人ホーム利用者は27.8%、老人保健施設や病院に入っている人は19.0%。14年前の昭和60年には「寝たきり」が約250人だったことから、約3倍に上っていることがわかった。

 65歳以上の高齢者世帯数は3312で、前年に比べて260世帯の増。市内の総世帯数の11.5%になり、年々増加傾向を示している。内訳は「老人のみ世帯」が1828世帯、「1人暮らし老人世帯」が1478世帯だった。

(1999/ 9/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。