PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
柏農で農業鑑定競技 県内11校300人

 県学校農業クラブ連盟の第50回農業鑑定競技県大会が8日、柏農で開かれ、県内11校の高校生約300人が日ごろの学習やクラブ活動で学んだ知識と経験を競った。

 競技会は柏農では4年ぶり。会場の体育館には農業、園芸、畜産、生活など学科ごとに8コースが設けられた。一列に並んだ長机の上にそれぞれ30の設問にまつわる種子、農産物、器具などが置かれ、出場者はチャイムとともに設問の前を一斉に通過しながら、解答用紙に記入していった。

 択一問題は「胚乳種子はどれか」「ケヤキはどれか」など29問で、制限時間20秒。残り1問は40秒問題で、与えられた条件から1平方メートル当たりのもみ収量を算出した。高校生は解答用紙を片手に、真剣な表情で鑑定していた。柏農では農業科コースで4人、園芸科で2人、食品科学科で6人が優秀賞に選ばれた。各コースの最優秀賞は10月に宮崎県で開かれる全国大会に出場する。

(2000/ 8/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。