PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
福祉事業協会が過去最大81人に辞令

 市内の事業所などで1日、新入社員・職員が希望と期待に胸を膨らませ、新たな職場での第1歩を踏み出した。このうち、社会福祉法人・柏崎刈羽福祉事業協会(田中哲男理事長)は市内北園町、特別養護老人ホーム「しおかぜ荘」で職員の辞令交付式を行った。

 同協会は救護施設・かしわ荘、同・おぐに荘、特養・むつみ荘、同・しおかぜ荘、ケアハウス・しおかぜのほか、新設の特養・なごみ荘を運営している。この日、辞令交付を受けたのは新採用53人、同協会内の昇任、異動28人の合計81人。なごみ荘の開所に伴い、同協会としては44年間の歴史上、最大規模の辞令交付となった。

 1人ひとりの名前を読み上げ、辞令を手渡した田中理事長は「昇任、異動の職員は自己実現の絶好のチャンス。今までと異なる職場は改革、革新、創造にふさわしい環境を提供する場だ」とし、新採用職員には「20歳代から50歳代までバランスよく採用できた。社会的経験を積んだキャリア、他の福祉施設での中堅、学卒と混然一体になった力の発揮を期待したい」と述べた。

 介護保険が始まって今年で4年。高齢社会の大きな担い手となるだけに、新採用のなごみ荘介護員・堀田るみさん(20)は「チームワークを大切にしながら、よりよい施設を築き上げていきたい」、同じく新採用のおぐに荘寮父・相波誠さん(20)は「先輩の指導をいただきながら、一生懸命に頑張っていきたい」とともに決意を示していた。

(2003/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。