PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
小・中学生が伝承学習の綾子舞発表

 国指定の重要無形民俗文化財・綾子舞の伝承学習発表会が18日、市立南中(田辺哲郎校長、生徒数254人)で開かれた。校区内の児童生徒が日ごろの練習成果を披露し、集まったたくさんの人から盛んな拍手を浴びた。

 綾子舞は今年、4月の米シアトル公演に続いて、6月には天皇皇后両陛下が来柏された折、鑑賞されるなど貴重な歴史を記してきた。1976年から始まった伝承学習は学校統合の変遷を経ながら、現在、南中の生徒、新道小、別俣小、野田小の児童に引き継がれている。今年は小3から中3まで51人が伝承活動に参加した。

 発表会は舞台清めの「3番叟(そう)」を皮切りに、小切子踊、恵比寿舞など踊り、はやし舞など10演目を繰り広げた。「恵比寿舞」を披露した 南中1年・遠藤禎大君は「ちょっと失敗したけど、練習よりもうまくいった。来年の発表ではまた頑張りたい」、 新道小6年の巻口唯香さんは「常陸踊」を演じ、「 少し間違ったところがあったけど、全体としてはよくできた。来年はもっとうまく踊れるようにしたい」と話した。

(2003/11/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。