PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
空気張り詰めセンター試験

 大学入試センター試験が17日、全国一斉に始まった。県内10会場のうち、柏崎地区の会場となった市内藤橋の新潟工科大学では、受験者の最も多い1時間目の外国語の試験に昨年より41人少ない328人が受験した。

 センター試験に参加する大学は国立83、公立73、私立387の計543校で、昨年より25大学増えた。志願者は昨年を約1万5,500人下回る58万7,350人。県内では昨年より165人多い1万970人で過去最多となった。

 この日の柏崎地方は比較的穏やかな天候に恵まれたが、朝は厳しい冷え込みに見舞われた。柏崎地区の試験会場は昨年から新潟産業大学と隔年実施となり、工科大では保護者の車や路線バスで着いた受験生が午前8時から会場入りした。食堂、ラウンジで待機し、放送を待って7教室の会場に入室。外国語の問題の冊子と解答用紙が配られると、張り詰めた空気がみなぎった。受験生は指示に従い、受験番号、氏名、試験会場のコード番号などを記入していた。

 初日は外国語の後、地理歴史、理科@、同A、同B。最終日の18日は国語、数学@、同A、公民が行われる。

(2004/ 1/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。