PHOTOニュース

原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)


演劇フェスで熱演する劇団フー。客席に芝居の楽しさを届けた=29日、産 文会館文化ホール (2023/01/30)


今季の営業を開始したガルルのスキー場。初滑りを楽しむ市民=27日、市 内高柳町岡野町 (2023/01/28)

>>過去記事一覧
高柳小で国際交流会と給食交流会

 高柳町の高柳小(鹿田房男校長・児童数55人)で26日、国際交流会と給食交流会が開かれ、児童たちが韓国の文化に触れたり、昔の学校の様子に理解を深めたりした。同校の給食は1990年から「地産地消」で地元産のコシヒカリや野菜を使っており、30日には野菜生産者の人たちを招待して交流会も行われる。

 同校を訪れたのは県国際交流員で韓国・麗水(ヨス)市出身のジョン・ヨンユンさん(27)。県の出前講義として3年前から時々同校に来て、韓国語を使ったゲームや民俗・習慣などを児童に教え、すっかりおなじみのお姉さんだ。午前は5.6年生25人にキムチを使ったチヂミ作りを指導。全校でチヂミをおやつに食べながら、全さ んが脚本を書いた韓国の民話を1年生から4年生がペープサートを使った劇で披露した。6年の田辺将也君は「チヂミをひっくり返して焼くのが難しかった。スッキリとした辛さでおいしい」とニコニコ顔。「辛くないよ」と言う児童、「ものすごく辛い」と口に手を当てる低学年の子など、にぎやかに楽しい時間を過ごした。

(2004/ 1/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。