PHOTOニュース

春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)


見頃を迎えた里山のハナモモの花=15日午前、市内谷根 (2024/04/15)


青空の下、満開のソメイヨシノを楽しむ市民ら=13日午前、赤坂山公園 (2024/04/13)

>>過去記事一覧
西山町が合併問題で住民説明会へ

 西山町議会の市町村合併等調査特別委員会(小名政弘委員長)の第16回委員会が12日に行われ、地域自治組織や議員定数などで意見を交換した。三富町長は席上、「行政単独でも三月中旬に住民説明会を開催したい」と議会の理解を求め、了承された。

 冒頭、小名委員長、黒坂議長らが7日に行われた合併協議会小委員会や地域自治検討会の様子を報告。さらに町当局が地域自治組織の行政区タイプと法人格(特別地方公共団体)タイプについて比較表をもとに、機能・業務や審議機関などを説明。地域自治組織、議員定数の順で質疑・意見を交わした。

 2つのテーマに議員の姿勢はさまざまで、「行政区タイプの中でどう住民サービスを守っていくかだ」という声や、「合併の基本的な考え方で柏崎市と視点が異なり、かみ合わない」「住民投票や意向調査を行ってはっきりさせる」「合併時期を1年遅らせても、きっちり議論すべき」の意見が出た。また、法定合併協幹事会の提案や市議会側の主張に理解は示しながらも「在任特例だめ、法人格だめ、合併だけは早くしろーーでは、西山町の立場はない」といった声が上がるなど、重苦しい雰囲気も流れた。この日は約3時間の議論が続いたが、結論は持ち越した。

 三富町長は3月13、14、20日の午前と午後、計6会場で「行政単独でも住民説明会を開きたい」と議会の理解を求めた。

(2004/ 2/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。