PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
東電人事で武黒柏崎原発所長が常務に

 東京電力柏崎刈羽原発の武黒一郎所長(取締役)が6月25日付で常務取締役に昇任し、本店原子力・立地本部副本部長兼技術開発本部副本部長に就任することになった。後任の所長は千野宗雄(ちの・のりお)・本店広報部長が新設の執行役員として着任する。

 取締役の人事は、18日開かれた取締役会で内定したもので、6月25日の株主総会・取締役会で正式決定する。武黒所長は2001年、本店原子力計画部長から取締役昇格で着任。トラブル隠し発覚を受けた全号機停止から順次運転再開への運営や、再発防止の取り組みに当たってきた。

 所長に就任する千野氏は横浜国立大経営学部卒。1971年に東電入社。東京東支店江戸川支社長、本店企画部事業調査グループ部長、事業開発部マイエナジー出向を経て02年から広報部長。56歳。1985年に柏崎刈羽原発が出来てから事務系の所長は初めて。

(2004/ 5/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。