PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
クリーンデーで過去最多62トンのごみ回収

 環境にやさしい社会をつくろう――。環境月間中の第1日曜日の6日、市の呼び掛けで各町内会が「クリーンデー柏崎」の活動に取り組んだ。朝早くからたくさんの人たちがごみ拾いや空き缶拾い、下水溝の清掃、草刈りなどに精を出し、可燃・不燃ごみを合わせ62トン近くを回収した。前年に比べ、10トン余りも多く、過去最多を 記録した。

 クリーンデー柏崎は、市の環境基本条例・計画に基づくもので、今年で10年目。全市一斉に清掃・環境美化活動を行うことで、環境を見つめ直し、環境保全意識の向上を狙った。同時に活動を通して、ポイ捨てや不法投棄などを未然に防ぎ、花と緑あふれるまちづくりを目指した。

 各町内会では道路、海岸、公園などに落ちているごみ、空き缶を拾ったり、下水溝の清掃や泥上げ、草刈りなどを行った。このうち、松美町内会(関矢登会長、世帯数約452)は昨年まで班長、役員を中心に行っていたが、今年から町内一斉に、班単位で取り組んだ。この日朝、軽トラにスピーカーをつけ、クリーンデーをPRし た。

 子供からお年寄りまで約300人が参加し、美化活動をしながら、コミュニケーションも深めた。

(2004/ 6/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。