PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
小国で29日「歴史ロマンの隠れ里まつり」

 小国町に残る皇子・高倉宮以仁王(もちひとおう)の逃亡伝説を題材にした「歴史ロマンの隠れ里まつり・もちひとまつり」が今年も29日に越後おぐに森林公園特設会場で開かれる。まつりの中心となる歴史ロマン野外劇「遙(はる)かなる轍(わだち)V」は午後6時の開演。主催は小国町、同まつり実行委員会(中村満実行委員長)。

 今年のイベントは、実行委員会と各集落が趣向を凝らした山車(だし)17台による町内まわり(午後1時出発)でスタート。森林公園特設会場では縁日広場やスケボーパフォーマンスで雰囲気を盛り上げる。午後4時、会場周辺で10集落が一斉にのろし上げ。これを合図に野外劇の出演者ら約260人が公園入り口から特設舞台までの300メートルを行進する。午後5時からオープニングセレモニーが始まり、津軽三味線の演奏に続いて、会場をホタル火で幻想の世界に導く。

 野外劇は午後6時開演で、今年で3回目の上演。昨年の劇は、以仁王一行が小国に到着するものの、再び平家の追っ手を避けて旅立っていくところでストーリーが終了したが、今回は「平家から源氏の世に移り、以仁王は出家して再び小国の地へ。愛する人たちや土地の者に囲まれ、ひっそりと暮らした」という物語を追加。前段の物語もより内容を濃くした。

(2004/ 8/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。