PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
翔洋・長谷川さんの作文に郵政公社総裁賞

 日本郵政公社の第14回国際ボランティア作文コンクールの中央審査会がこのほど行われ、柏崎翔洋中等教育学校(横山邦夫校長、生徒数1.2年生161人)の2年・長谷川早絵子さんが最高の日本郵政公社総裁賞に選ばれた。21日、塚原清安・柏崎郵便局長が同校を訪れ、表彰状を伝達した。

 同コンクールは、国際協力に対する理解、関心を深めてもらうことを目的に行われている。今年は全国の小・中・高校生、一般から合わせて1万5,824点の応募が寄せられた。総裁賞は各部門合計15点に贈られ、中学生の部門では長谷川さんら4人。県内ではただ一人だった。

 長谷川さんの作文のテーマは「できることから」。「水不足の地に井戸を掘ろう」というテレビ番組で、青年海外協力隊が活動する様子を見て、自分なりの意見をまとめた。村の人たちと協力隊員が日本から持っていった機械ではなく、村にある木材をつなぎ合わせ、組み立てたパイプで井戸掘りの共同作業をしている姿から、「国際ボランティアという言葉の真意を見つけた」と書いた。

(2004/12/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。