PHOTOニュース

作品に囲まれる新保心菜さん。農林水産大臣賞を受けた作品と同じ課題 「郷土の魅力」をはじめ、高円宮賞「海辺の風景」、内閣総理大臣賞「深 緑」などがずらりと並ぶ。中央は高円宮杯=刈羽村十日市の自宅 (2023/02/02)


柏崎など中越地区4JAが合併し、新JA「えちご中越」の名前が入った看板などに衣替えされた旧JA柏崎本店=1日午前、市内駅前1 (2023/02/01)


原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)

>>過去記事一覧
枇杷島改築予定地、地元意見改めて聴取へ

 市議会12月定例会は6日の本会議で一般質問の1日目が行われ、会田市長は午前中の答弁で、枇杷島小の改築予定地について、改めて地元の意見を聴く考えを表明した。

 枇杷島小の現校舎(市内関町)は建設から30年以上を経て老朽化が著しいため、市が地元からの改築要望を踏まえ、宝町の小松エスト跡地を移転・改築候補地に選定。市町合併後の新市の事業に建設を盛り込む方針で推移してきた。

 一般質問では霜田彰氏(市民クラブ)がこの問題を取り上げ、「小松エスト跡地に決まったいきさつが不明朗であり、地元では現地改修を望む声が大きい」「エスト跡地では国道を渡って通学する児童が増える」として、現在地での改築が最適と述べた。

 会田市長は、地元からエスト跡地での早期改築着工を求める要望が出されるまでの経緯を承知しているとしながらも「なお地域にさまざまな声があるとすれば、改めて地域の皆さんの意見を聴いてみたい」と答えた。

(2005/ 1/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。