PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
市内長橋の池にハクチョウ

 市内吉井の長橋(ながし)の池に昨年暮れから、家族らしい4羽のハクチョウの姿があり、次第に地域の人たちと親しくなってきた。

 長橋の池は地区の水田をかんがいする貯水面積3.8ヘクタールの農業用ため池。土砂が流入し、アシが一面に繁茂して貯水能力が低下したため、県が1994年から今年度まで環境整備事業を導入。池の浚渫(しゅんせつ)、管理道路の新設による維持管理労力の軽減を図ると同時に、一部にアシを残し、景観の保全を進めるなど、人と自然の両方に配慮した整備を実施した。

 近くに住む人の話によると、池にはこれまでも時折ハクチョウが姿を見せるものの、すぐに飛び立ってしまっていたという。昨年の12月中旬、8羽のハクチョウが飛来し、うち4羽はすぐに姿が見られなくなったが、成鳥2羽、幼鳥2羽の家族と見られる4羽はその後も池に残り、新年を迎えた。

(2005/ 1/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。