PHOTOニュース

マコモの葉を練り込んた「マコモうどん」 (2022/01/27)


「EC市場」をテーマに、あきんどの集いで行われた講演会=24日、柏崎商議所 (2022/01/26)


信越本線の魅力を紹介したアニメ「とびだせ!信越本線―みんな乗んなせ、魅惑の路線」の前編トップページ (2022/01/25)

>>過去記事一覧
住基カードの健康サービス、避難情報なども

 住民基本台帳カードの独自利用で健康サービスの提供を目指す電源地域情報化推進モデル事業で、検討ワーキンググループ(主査=三上喜貴・長岡技科大教授)の会合がこのほど、柏崎情報開発センターで開かれた。3カ年の最終となる新年度は、医療機関や施設の決済、避難者確認などのサービス導入を検討する。

 事業は経済産業省から委託を受けた同センターがシステムの開発、導入を行う。モデル地区の比角、大洲、上条、剣野のコミセンなどに情報端末と測定機器を設置し、昨年12月から実証試験を行っている。情報開発センターを介し、各端末と元気館、総合体育館や医療・介護機関を結び、モニター自身が健康履歴の参照、健康相談などを、医療機関、ケアマネージャーが国民健康保険の資格確認、介護認定情報の照会を行う。

(2005/ 3/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。