PHOTOニュース

マコモの葉を練り込んた「マコモうどん」 (2022/01/27)


「EC市場」をテーマに、あきんどの集いで行われた講演会=24日、柏崎商議所 (2022/01/26)


信越本線の魅力を紹介したアニメ「とびだせ!信越本線―みんな乗んなせ、魅惑の路線」の前編トップページ (2022/01/25)

>>過去記事一覧
別俣小が閉校式

 市立別俣小(井沢文夫校長)の閉校式が26日午前、同校体育館で行われた。窓の外に、季節はずれの小雪が舞う中で、児童をはじめ、来賓や地元、学校関係者ら約300人が参列し、131年の学びやの歴史に別れを告げた。

 同校は1873年、上条校附属水上校として、当時の水上村大光寺で仮開学した。その後、数々の変遷を経て、1947年に学校教育法の施行で上条村立別俣小に改称。合併のため、56年には黒姫村立別俣小、68年には現在の市立別俣小になった。これまで3,000人余りの卒業生を送り出した。

 式辞で長谷川教育委員長が「別俣小は学校教育の推進・充実のみならず、地域文化の中核的存在として、地域の皆さんの語らいの場として、人々の結びつきを強める役割を果たし、地域の発展に大きく貢献した」と振り返り、井沢校長が「子供たちは木のぬくもりを感じつつ、優しさに包まれた環境で学校生活を送ることができた。閉校は一つの節目であり、新たな旅立ち。自信と誇りを持って巣立ってほしい。心の応援団としてエールを送り続けたい」と述べた。

(2005/ 3/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。