PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
柏崎原発1号機の運転再開、地域の会で議論

 東京電力柏崎刈羽原発を地元住民で監視している「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」(新野良子会長・委員24人)の第35回定例会が10日、柏崎原子力広報センターで開かれた。定期検査中に原子炉再循環系配管のひびが確認された1号機が運転を再開したことについて、東電が「欠陥に進展性はなく配管の健全性に影響を与えない」と報告。経済産業省原子力安全・保安院も東電の評価を妥当とした確認結果を説明した。

 質疑では委員が「1号機のひび発見のきっかけになった福島第2原発3号機では、配管全周のひびを見逃す間違いがあった。トラブル隠し以来、同じようなことを繰り返しており、不信感が地域にある」と運転再開を批判。別の委員は「傷があることをきちんと示しているのだから、トラブル隠しのころとは変わった。傷をしっかり管理してもらえば、それでいいと思う」と述べた。

(2006/ 5/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。